アルギニンで背が高くなるのは、なぜ?

昔から身長を伸ばすためには牛乳を飲みなさいなんて言われてきましたよね。

どうして身長を伸ばすために牛乳が必要なのかというと、カルシウムを効率よく摂取できるからです。

しかし時代は変わり、今はカルシウムではなく身長を、伸ばすために必要なのはアルギニンだと言われています。

もちろんアルギニンだけではなく、成長期に必要な栄養素をバランスよく取り入れながらカルシウムとともにアルギニンを取り入れることが大切ではあるのですが、なぜアルギニンで身長を伸ばすことができるのかあなたはご存知でしょうか。

では、わかりやすくアルギニンと身長の関連性についてご紹介します。

まずアルギニンとは、必須アミノ酸と呼ばれており、体の中で合成することができるたんぱく質となっています。

しかし子供の場合は、アルギニンを体内で効率よく合成することが難しいため、外部から補給してあげるのが合理的です。

アルギニンには、成長ホルモンの分泌を促す効果が証明されており、低身長の治療薬としても医療現場で大活躍しています。

成長ホルモンは、大人・子供関係なく誰しもが毎晩22時〜深夜2時頃までが多く分泌されていると言われています。

この成長ホルモンを最大限利用することで、成長期にしっかりと身長を伸ばしてあげることが可能です。

ですが、アルギニンを必要量食品で摂取するのは難しいため、最近人気を集めているのが成長期応援サプリメント「ドクターセノビル」です。

ドクターセノビルには、1日5,000mgのアルギニンを摂取可能な高配合商品となっていますので、是非この機会に取り入れてみて下さいね。