アルギニンとは?背が伸びる以外も効果?含む食べ物や注意点を教えて!

身長を伸ばすために必要と最近言われている「アルギニン」ですが、身長を伸ばす以外にも効果はあるのでしょうか?

アルギニンは、マルチな成分で、成長促進や健康維持、美肌や筋肉増大などの効果が期待できると言われていますよ。

背を伸ばすだけでなく、他にも色々な効果が期待できるアルギニン、成長期の子供だけでなく大人も進んで摂取したい成分のようですね。

今回は、そのアルギニンについて詳しく紹介させてもらいます。

まず、アルギニンとはアミノ酸の一種です。

アルギニンとは、食品添加物に分類されもので、うまみ調味料に使用されるアミノ酸の一種です。

アミノ酸は男女、また年齢問わず有能な成分として積極的に取り入れたい成分ですね。

では、アルギニンの役割を紹介します。

1つ目は、成長ホルモンの分泌を促進します。

身長を伸ばすには、成長ホルモンの分泌が必要で、成長ホルモンの文樋津を促すアルギニンは欠かせない成分と考えられます。

2つ目は、血管の老化防止です。

アルギニンは、一度硬くなって元に戻すことができないと考えられていた血管を柔らかくすることができることがわかりました。

血流をスムーズに改善する効果が期待でき、老化防止につながります。

3つ目は、免疫機能の調整です。

アルギニンは、免疫細胞を活性化するだけでなく、免疫機能そのものを高める効果があり、生活習慣病などの病気の予防にも効果的です。

4つ目は、脂肪の代謝促進です。

成長ホルモンが分泌されると、脂肪燃焼効果があると言われており、成長ホルモンは体脂肪の分解を促す働きもあるので、アルギニンを摂ることで脂肪の燃焼効率が上がると考えられます。

5つ目は、筋肉や骨格の強化です。

成長ホルモンが脂肪の代謝や分解を促進し、筋肉の量を増やす作用もあり、脂肪燃焼に欠かせない代謝の促進につながり、筋肉増大に影響を与えると言われています。

6つ目は、美肌効果です。

アルギニンを摂取すると、肌トラブルや肌の老化を緩和させ、究極の美肌成分とも呼ばれています。

さて、アルギニンを多く含む食品は、豆類や肉類、魚介類です。

アルギニンを摂る時は、ビタミンB6を一緒に摂ると効率的です。

例えば、まぐろやかつおなど魚の赤みやニンニク、エビやサツマイモ、バナナなどと一緒に摂ることをお勧めします。

アルギニンは、様々な効果があり積極的に摂りたい成分ではありますが、過剰摂取はよくありません。

副作用なく取り入れるためには、2000mg~4000mgが理想的言われており、ダイエットを目的とされる場合は4000mg~5000mgを目安とします。

健康維持のためにアルギニンは必要不可欠ですが、摂り過ぎはよくありませんので気を付けてください。

アルギニンを、より効率的に摂るタイミングとしてお勧めは、空腹時です。

また運動する人や筋肉増大のためにアルギニンを摂取するのでしたら成長ホルモンが分泌されるタイミングで摂取するのが望ましいので、就寝前に服用すると良いでしょう。

アルギニンを過剰摂取すると副作用を引き起こすと、お話しましたが、アルギニンによる副作用は、胃痛や下痢・ヘルペスが発生しやすくなると言われています。

このような症状が出ている時はアルギニンの摂取は控え、症状がない時にアルギニンとリジンを同時に摂取するようにしましょう。

最後に、アルギニンを食品以外で摂る方法について、サプリメントやドリンクタイプのものもあります。

自分に合った方法で上手にアルギニンを摂取して、健康や美肌、脂肪燃焼などに役立ててください。

u