子供の好き嫌いや偏食を改善するコツはある?

親なら誰でも子供にバランスの良い食事を食べさせたいものですよね。

いつもより栄養について考え、工夫して作ったお料理、そんな時に限って残したり食べ渋ったりされた経験はありませんか?

子どもは栄養価の高い食物に限って偏食したり好き嫌いしたりするものです。

なんとか偏食や好き嫌いを改善し、食事に対するストレスを親子ともども解消したいですよね。

好き嫌いや偏食って治るの?

子どもの頃から苦手で食べられないものがあるという方は多いと思います。

たいていの人は嫌いなものを食べるのを避け続けてそのまま大人になったり、そもそも食べず嫌いだったりで、嫌いな食べ物が存在すると思います。

しかし、苦手だった食べ物が食べられるようになったこともあるはずです。

大人・子どもに関係なく、ふとしたきっかけや味覚の変化で好き嫌いや偏食といった食の好みは、帰ることができるのです。

この子はこれが嫌いだから…と諦めて出さずにいると「食べなくていい食べ物だ」と認識されてしまい、余計偏食がひどくなってしまう恐れがあります。

子どものうちに偏食対策を!

ですので、大人になって先入観が強くなる前に、工夫して好き嫌いを減らす努力をしましょう。

とは言っても、嫌いな食べ物を食べたくない気持ちは誰にもあると思います。

どのような工夫が効果的なのでしょうか。

子どもならではの子ども騙し作戦

逆に、どんなお子さんにもよく食べるもの、好きな食べ物や味付けがあると思います。

例えばピーマンは嫌いだけど、ハンバーグは好きだといったような感じです。

そんな時に使えるのが「嫌いな食材を好きなメニュー・味付けにする」作戦です。

大人はメニューを見ただけで「うわっこのハンバーグ、刻みピーマン入ってる」となってしまいますが、子どもは「ハンバーグだ!」というイメージが先行します。

ピーマンなどの嫌いな食材を細かくしてしまえば、気づかずに食べる場合もあります。

もし違和感を感じているようなら、これもあなたの大好きなハンバーグだよ、というふうな声かけをして違和感を取り除いてあげましょう。

味付けは好みに寄せていき、嫌いな食材の見た目や匂いが出にくい調理方法が好ましいです。

完食できたら、しっかり褒めてあげます。

子どもはこれで「自分はピーマン食べられるんだな」という認識がわずかに芽生えます。

スモールステップを使おう

はじめは刻まれて姿の見えないピーマンでしたが、次はもう少しだけ大きなサイズにします。

小さな段階を何段階かに分けて挑戦させ、成功すればその都度褒めるという「スモールステップ方法」を利用します。

これで子どもは毎回達成感を感じることができ、はじめは刻まれたピーマンでも最終的には付け合わせの乱切りピーマンも挑戦できるようになります。

スモールステップの途中で失敗することももちろんあります。

しかし根気よく続けていき、慣らすことが大事です。

小さな段階を積み重ねていけば、偏食は必ず改善できます。

歳を重ねれば重ねるほど、料理の味を覚えてしまい好き嫌いの幅は広がってしまいます。

ぜひ、早い段階から好き嫌いを改善し、食事を楽しめるように育てたいですね!

◆いろいろ工夫しても好き嫌いが多く偏食で成長期なのに身長も伸び悩んでいる子供には、アスミールを飲ませてみてください。

アスミールは、吸収が良いトリプルカルシウムを配合で、亜鉛やアルギニンも含むので1日1杯で1日に必要な栄養素の80%を摂ることが可能です。
アスミールの口コミ!身長が伸びる効果は本当?

成長ホルモンを活性化する最適な「ZAPバランス」です。

魚が嫌いでもDHA含むので安心です。

ココア味なので牛乳嫌いな子供でも飲みやすいと口コミでも評価が高く人気なのがアスミールです。
公式サイト↓


u