高校生がもっと背を伸ばすために必要なものとは?

子供の身長が大きく伸びるのは、小学校高学年くらいから中学生くらいでしょうか。

実は高校生も身長はまだ伸びます。

残念ながら大人になってから身長を伸ばすことは難しくなりますが、高校生は身長が伸びるラストスパートの時期なので、身長を伸ばす方法を知って実践してみてください。

身長は遺伝的要素が強いと思われがちですが、確かに遺伝も関係はしているかもしれませんが、努力次第でもっと伸ばすこともできます。

実際、私は努力をしたわけではありませんが、両親よりも背が高いですし、主人も主人の両親よりも背が高いです。

私たち世代と親世代とは食生活も違うので、そういうことが関係しているのかなと思っています。

さて、身長を伸ばすために大切なことは、・睡眠・運動・食事・ストレスをためないことが大切です。

まず睡眠についてです。

寝る子は育つと言われていますが、睡眠中に身長を伸ばすために必要な成長ホルモンが分泌されます。

寝ついてから最も深い眠りに達するまでの2〜3時間の間に成長ホルモンが分泌されるので、この時間帯はしっかりと深く熟睡できるように質の良い睡眠をとることが大切です。

そのためには、寝る前2時間前は食事を摂らないようにすること、寝る部屋の電気は消すこと、寝る前のパソコン(スマホなども同様)作業やテレビは控えましょう。

次に食事についてです。

バランスの良い食事が基本ですが、たんぱく質・カルシウム・マグネシウム・亜鉛などが身長を伸ばすために有効な成分と言われています。

肉・魚介類・乳製品(チーズなど)・大豆・乳製品・ほうれん草・牡蠣・納豆・アーモンド・緑茶などをオススメします。
chees

亜鉛は普段の食事から摂ることが難しいかもしれません。

そのような時は、サプリメントで代用するのも良いですよ。

続いて運動についてです。

運動中と運動後の3時間くらい成長ホルモンが分泌されます。

バレーボールやバスケットボール、縄跳びやマラソンなど、ジャンプするものや縦の刺激のある運動が良いでしょう。

しかし、運動しすぎは筋肉に負担が強いので逆効果になります。

適度な休息を心掛けることと疲れているのに無理な運動は避けましょう。

最後にストレスについてです。

ストレスは、成長ホルモンに悪影響を与えます。

分泌される量を減少させてしまうのです。

毎日生活の中でストレスを感じることはあると思いますが、自分なりの発散方法を見付けて、上手にストレスを発散させましょう。

成長ホルモンを投与するという方法もありますが、日本では特別な病気でない限り禁じられています。

基本的なことですが、早寝早起き・質の良い睡眠・適度な運動とバランスの良い食事、これが身長伸ばす秘訣というわけですね。

そのために、ここで紹介したことを参考にしてみてください。

また成長期をサポートしてくれる伸長サプリメント!と口コミで人気のドクターセノビルもあるので、取り入れるとさらに効果的です。

s+