背が低い男子高校生の悩み!食事や運動で伸びる?

(高校生の時期と身長)

一般に、男性の身長が最も良く伸びる時期というのは、声変わりが始まる時期だと言われています。

その時期が最もピークで、それ以降には大きな変化が見られないとされます。

ですから高校生の時期に、ピーク時と同様の身長の伸びしろを期待することは難しいかもしれません。

ですが、成長ホルモンは一生分泌され続けます。

また、高校生の時期であったとしても、適切な食事や運動を行うことで、身長を伸ばす方法を実践出来ます。決して無益ではありません。

以下この記事では、食事と運動に焦点を当てて、ピーク時を過ぎていても決して遅くはない、実践しやすい方法をご紹介します。

食事法を実践する前に注意すること

身長を伸ばすには、タンパク質の摂取が不可欠です。

とは言っても栄養素の偏りは健康全体という観点から見て、不適切です。

ですから、タンパク質以外の栄養素も勿論不可欠です。

身長を伸ばすことに拘り過ぎて、他の栄養素の摂取に偏りが生まれてしまっては、元となる健康自体が台無しです。

身長を伸ばす為の食事を実践する際には、常にこのことを念頭に置かれて、実践なさって下さい。

もしも実践するのに不安がある方や、現在医師を受診されている方は、必ず医師からの助言を得て下さい。

実践中に何か少しでも違和感を感じたら、医師の元を訪れましょう。

食事と運動について

(食事と運動について①〜タンパク質が多く、脂肪が少ない食事は実践可能でしょうか。)

この記事では、タンパク質を多く摂取し、脂肪分をより少なくする食事の実践についてご紹介します。

因みにこの食事は、身長の為に実践する、というわけではなく、巷でも健康的な食事として注目されているものです。

恐らく多くの方がご存じで、興味のある食事法なのではないでしょうか。

まず、タンパク質が骨や筋肉の形成に関わる栄養素であることは、多くの人がご存知でしょう。

同時に、動物性食品に多くタンパク質が含まれていることも、多くの人がご存じです。

ですが例えば、タンパク質が多く含まれる肉類には、同時に脂肪も含まれているのです。

高いタンパク質価であると言う背後には、脂肪分の多さも付き物です。

そして、知らず知らずのうちの脂肪の過剰摂取は、肥満の引き金になり兼ねません。

脂肪分が少ない赤身肉や大豆製品(納豆など)、ササミや魚やなどで良質なタンパク質を摂るといいですね。
nattou

(食事と運動について②〜高校生にとって、この食事法を実践することへの問題)

高校生の時期は、学業的には専門学校や大学ほどではないにしても、専門分野が細かく分かれます。

同じ科目でも習得すべき課程が多いです。

加えて、転ばぬ先の杖として、学業面が身を助けることを考えると、せっかくの勉強出来る時期に勉強をしないことは勿体無いことです。

また、運動によって脂肪を消費するとしても、学業に割くべき時間との兼ね合いから、摂取した脂肪分を消費しにくい立場にいらっしゃる方も多いことでしょう。

進路実現と身長を伸ばすこと、秤にかけてどちらかを選び取る、というわけではなく、両方を大切にした生活習慣を確立していきたいものですね。

脂肪を控えるべく、低脂肪を意識するとなると、それと同時にタンパク質価も下がってしまいます。

つまり現実的には、タンパク質だけが多い食事を実践することは限りなく困難なのです。

また、運動に時間を割き脂肪分の消費を促すことも、学業との両立上、実行困難な場合も多いのです。

運動も身長を伸ばすだけでなく、健康維持に欠かせない要素です。

一人一人に合う運動量は違いますが、登下校、学校の体育の授業や階段での教室移動によって、ある程度の運動量は確保できると思います。

何よりも無理な運動を行い、体を壊してしまうことだけは避けなければなりません。

ですから、自主的な運動をクラブや授業以外で取り入れることは余りお勧めしません。

運動クラブでの活動をされている方であっても同様です。

(食事と運動について③〜脂肪分を消費しやすい、他の栄養素を多く摂取しましょう)

脂肪分や学業面が問題となって、高いタンパク質価を維持した食事法がいかに難しいかを、ここまででお伝えしました。

ですが、この問題を克服する方法も勿論あります。

それは高いタンパク質価を確保しつつ、それに伴う脂肪分の消費をしやすい食品を合わせる方法です。

具体的に言いますとこの食事法は、脂肪分とタンパク質ばかりが多く、他の栄養素が低くなりがちです。

そして、脂肪分だけが上手く消費されなくなってしまう危険もあります。

栄養素は、他の栄養素と補完し合いながら体の中で作用すると言います。

ですが、補完するべき栄養素の量が余りにも少なく、脂肪分が消費されにくいとなってしまったら、そもそもこの食事法の意味がありません。

況してや、タンパク質までも消費されなくなってしまうのだとしたら、本末転倒です。

そこで、脂肪分を消費しやすい食品を合わせる食事法を提唱します。

例えば、香辛料やグレープフルーツ等が、脂肪分の消費には良いと言われます。
gapefruts

勿論摂取し過ぎは厳禁ですが、これらの食品を合わせることで、高いタンパク質価を維持できるでしょう。

運動に費やす時間を多く持てなくても、これらの食事である程度の脂肪消費効果も期待できそうです。

また、高校生の時期には基礎代謝も活発ですから、過度に心配は要りません。

まとめ

身長を伸ばす為に必要な食事法と運動について、見て参りました。

実際の高校生活の中で、料理にまで気を遣うことは難しい場合も多いかもしれません。

ですが、素材の合わせ方に焦点を当てれば、タンパク質を確保する食事法を実践できます。

それと同時に、脂肪の消費しやすさにも目を配ることが出来ます。

もちろんビタミンやミネラルも必須なので豊富に含む野菜もたっぷり食べてバランス良い食事は大事です。

この合理的でシンプルな食事法と、できる範囲での運動を実践することで、身長を伸ばすことが出来るかもしれません。

それから、この記事では触れませんでしたが、睡眠も重要です。

この記事を参考に、身長を伸ばすことを意識した生活習慣を確立なさってみてください。

学業の両立という点で、高校生活では制約も多いでしょう。

ですが、取り組みやすいこととしてまず、食事法から実践されるのはいかがでしょうか。

もっと身長を伸ばしたい時

◆食事も注意して運動もしてるけど、伸び方が今一歩と思うときは、身長サプリメントで人気のドクターセノビルを飲んでみてください。

ドクターセノビルは、アルギニンという成長期に欠かせないアミノ酸や、健やかな成長をサポートするα-GPや、ボーンペップ、ビタミン類などを含んでいて、小学生・中学生・高校生の成長期に効果的!と口コミ評価も高く人気だからです。

背がもっと高くなりたいと悩んだら、ドクターセノビル(Dr.Senobiru)を試してみてください。

us