背が低い男子中学校生!食事や運動で身長を伸ばすコツ

(身長の悩みで辛い日々)

中学校では身長順に並べさせられる機会が多いと感じるのは筆者だけでしょうか。

身長順に並べさせられて感じるのは、決まっていつも、自分が前のほうにいるという劣等感、という方もいらっしゃることでしょう。

それだけ身長順に並べさせることには、心理的な苦痛が伴うのです。

恐らく先生は気付かないのでしょう。

ですがコンプレックスを感じずに、身長順に並ぶことを受け入れられる方ばかりではないのです。

注意すること

巷には身長を伸ばす方法が沢山あり、悩まれている方もきっとその幾つかを実践したことはあるでしょう。

しかしその方法が、中学生向けに作られているかどうかは不明な場合も多いものです。

もしかすると今、既に何か方法を見つけていて、それを試そうとお考えの方もいらっしゃるでしょうね。

信頼出来る情報を持った大人、例えば学校の栄養士さんや保健室の先生に、その情報の信憑性について確認してもらうことは出来ますか。

また、身長を伸ばす、という目的だけではなく、中学生の時期は体の健康の土台が出来る大切な時期です。

身長を伸ばすことだけに偏った食事や生活習慣では、他の面を犠牲にしてしまうことがあり得るかもしれません。

ですから身長を伸ばすことを目標にしつつも、別の面を決して犠牲にしない、トータルで健康的な方法が望ましいと言えます。

食事と運動で身長を伸ばすには?

学校の保健の授業で、食事、運動、睡眠の重要性を多くの方が既に学ばれていることでしょう。

知らない人はいない、という位に耳にすることです。

身長についても全く同じことが当てはまります。

適切な食事、運動、睡眠を行うことで、身長を伸ばしていくことが可能です。

この記事では、これから食事と運動に的を絞って役立つ情報を紹介しています。

ですが、睡眠についてもきちんと良質の睡眠をとれているのか、気を配ることを忘れないで下さいね。

まず第一に、食事と運動の時間配分にバランスを持たせましょう。

どちらか一方だけに配分している時間が多くなってしまったり、比重が偏っていたりするのは、長い目で見ると不健康です。

第二に、学校の給食を参考にしてみましょう。

今ではバイキング式の給食や、お弁当を食べる機会がある中学校もあるでしょう。

ですが、調理師さんや栄養士さんが携わる給食のメニューには、栄養の配合に相当の注意が払われています。

分量や食べ合わせを、給食を参考にしながら組み立てるのはいかがでしょうか。

もしも調理師さんや栄養士さんと話が出来る機会があるのならば、話を聞いてみるのもいいでしょう。

聞いたことを忘れないようにする為に、メモ帳を持っていって、話を聞いてみてください。

皆さんの学校では、担任の先生や保健室の先生に取り次いでもらうことは出来ますか。

適切な食事法

身長を伸ばすことを目標にしつつも、トータルでバランスのとれた食事にする為に、この記事ではカルシウムとタンパク質を摂取することを提唱します。

しかし闇雲にそれだけを摂取すればいい、というわけではありません。

カルシウムとタンパク質の摂取に力点を置きつつも、それと同じくらい他の栄養素の摂取も確保するという意味です。

当然ですが、ビタミンやミネラルも必須なのでそれらを豊富に含む野菜もたっぷり食べるのは大事です。
yasaisyun

バランスが良い食事をしつつ、たんぱく質とカルシウムも強化するイメージです。

例えば、毎日飽きないようにする為に、1日毎に植物性のタンパク質と動物性のタンパク質を交互に食べるのはどうでしょうか。

植物性のタンパク質と動物性のタンパク質の両方を、バランス良く摂取していくのはどうでしょうか。

植物性のタンパク質を確保する場合、例えば、豆腐や豆乳を日常的に取り入れるのはどうでしょうか。
このように考えを巡らせて、飽きのこない献立を自分で作ってみましょう。

また、その食べ物自体を食わず嫌いにならないように、様々な食品にチャレンジすることも大切です。

栄養素に配慮しながらも、「この世にはこんな食品もあるんだ。」と感動できる体験も大切です。

とても冒険的ですが、メニューに飽きてしまわない為にも、工夫は大切です。

このようにトータルに栄養素を確保していくことが、身長を伸ばすことに繋がるのです。
これは重要なコツですよ。

適切な運動法

学校の体育でも運動はしますが、もしも他に付け加えるならば、ウォーキングのような比較的軽めの運動はどうでしょうか。

たとえ運動クラブに入っていても、学業に忙しく、運動に割く時間が多く取れないと悩む方もいるのではないでしょうか。

塾の月謝やテキスト代を考慮すると、お金も掛からず一番取り組みやすいのがウォーキングでしょう。

はじめはトレーナーから適切な指導を受けたほうがいい運動も多いですが、ウォーキングは気軽に始められます。

気になる場合には、医師からの助言が最も頼りになりますが、ウォーキングのような軽めの運動が危険だという人は滅多にいないでしょう。

夜間や早朝は避けて、家族の方と一緒に安全なコースで行ってみて下さい。

早歩きをして少し疲れる位が達成感も味わえて効果的です。

以上の方法を是非、生活に組み入れられてみて下さい。

まとめに代えて〜私の経験から

きっとこの記事を読まれているということは、自分の身長に嫌な気持ちを持っていらっしゃるからかもしれませんね。

現に私の場合がそうで、列の前のほうにいることが凄く嫌でした。

私の場合、当時インターネットがまだ一般的ではありませんでした。

学校の保健の授業か、学校と街の図書館、周囲の人の噂、近くの書店、それかテレビの特集が、私の情報源の全てでした。

インターネットで山のような情報と出会い、世界の広さを思い知り、同じ悩みを持つ人の多さに気付いたのは、私の場合それから約6年後です。

自分だけが持っている悩みだと思い、私はずっと孤立していました。

中学校を既に卒業してからずっと後のことでした。

この記事を読まれているあなたは、今すぐにでも、今読んでいる情報の真価を確かめるべく、実践できるという恵まれた立場にいらっしゃいます。

是非今日から、この記事をご参考のひとつにして、自分の身長を伸ばす為の生活習慣を身に付けて頂ければと思います。

もしも私が、あなたと同じ年齢の時にインターネットの記事から情報を得て、背中を押してもらっていたならば、もっと現実は変わっていたと思うことがあります。

私は同じ後悔をあなたにして頂きたくはありません。

記事の執筆の何よりの目的や記事の真価は、あなたにとって適切な指針や参考情報を差し出して、実際にあなたに行動して頂くことにあります。

そして悩まれていらっしゃるあなたの背中を押すことです。

あなたの行動力に期待しています。

身長をもっと積極的に伸ばしたい時

◆中学生で食事も注意して運動もしてるけど、伸び方が今一歩と思うときは、身長サプリメントで人気のドクターセノビルを飲んでみてください。

ドクターセノビルは、アルギニンという成長期に欠かせないアミノ酸や、健やかな成長をサポートするα-GPや、ボーンペップ、ビタミン類などを含んでいて、小学生・中学生・高校生の成長期に効果的!と口コミ評価も高く人気だからです。

背がもっと高くなりたいと悩んだら、ドクターセノビル(Dr.Senobiru)を試してみてください。

us