背を伸ばしながら適正な体重まで痩せることって可能?

身長を伸ばしたい、そして体重も適正体重まで痩せたいと思っている方、多いのではないでしょうか。

成長期のお子さんは特にバランスの良い食事と適度な運動と質の良い睡眠という三本柱によって身長が伸びて体重も維持されるのだと思います。

友達のお子さんは、小さい頃から痩せていて、たくさん食べて体重が少し増えたと思っていると、すぐに身長が伸びるのです。

ですから常に年齢に対して身長は高めで体重は痩せ気味だと悩んでいました。

しかし成長とともに運動量も増えて、成長期真っ只中の今、身長は大き目で体型もがっちりしてきています。

個人差はあると思いますし、ある程度は体質や遺伝もあるかもしれませんが、十分に背を伸ばしながら適正な体重まで痩せることは可能だと思います。

痩せたいからと言って食事を減らすと栄養不足なり身長は伸びにくくなります。

大切なことは、食事は減らすことなくバランスよく腹八分目くらい摂ることです。

お菓子やケーキ、アイスなファーストフードは太る原因なので控えましょう。

甘ものを摂りたい時は、白砂糖ではなくハチミツやメープルシロップ、黒砂糖など精製されていないものを選ぶと良いですよ。

甘酒もおやつなどに良いですね。

飲む点滴と言われているほど、栄養分も豊富です。

間食したい時は、果物を摂ると伊代です。

ビタミンやミネラルが豊富なので、旬のものを選んでくださいね。

しかし食べ過ぎはよくありません。

身長を伸ばすためには、ビタミンやミネラル、カルシウムや亜鉛、タンパク質や脂質、炭水化物も必要です。

緑黄色野菜をたっぷり摂ること、納豆や豆腐、卵なども摂りましょう。

赤身肉や鶏肉、白身魚も良いです。

いずれも摂り過ぎはよくありません。

バランスの良い食事を摂ることが大切ですが、難しい場合は成長サプリで栄養を補うという方法もアリだと思います。

フィジカルBやドクターセノビルが身長の伸びをサポートしてくれます。

このような成長サプリを摂る場合、1種類のみで十分です。

もちろん規則正しい生活も大切です。

睡眠時間は年齢により異なりますが、高校生くらいですと短くても6時間以上は睡眠時間をとった方が成長ホルモンが出やすいですし痩せやすくもなります。

最後に、身長を伸ばすためにも痩せるためにも運動は必要です。

縄跳びやジョギング、バスケットボールやバレーボールなどジャンプする運動が身長を伸ばすために役立ちます。

トランポリンも良いですね。

しかし運動のしすぎも逆効果になるので、ほどほどにしてくださいね。

規則正しい生活、バランスの良い食事、運動、睡眠、ストレスは溜めないこと。

これらに気を付けること、そして身長が伸びてスマートになっている自分をイメージして諦めずに続けることが大切です。

フィジカルBで身長が伸びる効果とその理由

Dr.Senobiru(ドクター.セノビル)の効果が出る時期は、どれくらい?

r