子供の身長を伸ばす栄養素には何がある?

子どもの成長は個々のペースに応じて様々ですが、やはり気になってしまいがちなものですよね。

将来的に本人の悩みになってしまったり、健康に影響があったりするようなことがあれば不安になるものです。

今回は成長に関しての悩みで最も目にうつりやすい、身長についてのお話です。

身長を伸ばしたい!

我が子の身長が伸びて欲しいと願っていても、なかなか一晩でグンと育ってくれないものです。

身長が伸びる要素は大きく3つあり、運動、睡眠、栄養の3要素が大きく影響していると言われています。

運動や睡眠は、よく遊びよく眠る子どもにとって難なくクリアできるものですが、3点目の栄養に関しては家庭の協力が必要不可欠となってきます。

では、どのような点に気をつければいいのでしょうか?

身長のために摂りたい栄養素!

栄養素の中でも、特に子どもの成長に大きく関わってくる「3大栄養素」というものがあるのです。

その3大栄養素を順に紹介していきます。

まず1つ目は、身長と言えば「カルシウム」という方も多いでしょう、王道カルシウムです。

身体の輪郭を司る骨格を強く大きく育てるには、骨に直接影響のあるカルシウムを摂取することが重要です。

カルシウムは乳製品や大豆製品、小魚、海藻、青梗菜などの野菜に含まれています。

牛乳や魚が苦手なお子さんは、たくさんカルシウムを摂るのに苦労してしまいますが、他の乳製品や乳飲料、カルシウムゼリーやグミでも摂取することができます。

そして、カルシウムと同じかそれ以上に重要な栄養素が「たんぱく質」です。

昔はあまりたんぱく質の優位性に注目されていませんでしたが、今では成長期の子供に良質な筋肉をつけるためにも摂取が推奨されています。

主にタンパク質が多く含まれる食材は、鶏ささみや鶏胸肉などの鶏肉、卵、大豆製品です。

マグロなどの魚にも含まれています。

たんぱく質は基本的に低カロリーな食材が多いですので、食事バランスを考える際にメインにされてみるのもいいでしょう。

そして、忘れがちな最後の要素が「亜鉛」です。

あまり亜鉛を意識して摂取させているという声は聞きませんが、亜鉛はとても身長を伸ばす効果の高い栄養素なのです。

その理由は、カルシウムにより強く大きく作られた骨に、タンパク質でつくられた良質な筋肉をくっつけるために、亜鉛の力が必要だからです。

亜鉛はいわば補助役として必要不可欠であり、疲労回復の役割も果たします。

亜鉛はチーズや納豆、牛肉やレバー、牡蠣などに多く含まれています。
chees

摂取しにくさがあるため、亜鉛のサプリメントなどもたくさん発売されています。

バランスの良い食事を!

これらの三大栄養素だけ取っていればいいわけではもちろんありません。

ビタミンやマグネシウム、ミネラルもきちんと摂っていなければ身体は正常に作用せず、成長スピードがゆるやかになってしまいます。

成長期の子どもに栄養バランスの良い食事を与えることは、大人になった子どもの身長に大きく作用します。

もちろん、遺伝や生活習慣なども影響しますが、食事がカラダづくりの基本と言っていいでしょう。

三大栄養素をメインに摂りつつ、バランスの良い食事をこころがけてくださいね!

◆食事も注意して運動もしてるけど、伸び方が今一歩と思うときは、身長や栄養サプリメントで人気のアスミールを飲んでみてください。
アスミールの口コミ!身長が伸びる効果は本当?

アスミールは、吸収が良いトリプルカルシウムを配合で亜鉛やアルギニンも含みます。

1日1杯で1日に必要な栄養素の80%を摂ることが可能です。

成長ホルモンを活性化する最適な「ZAPバランス」です。

魚が嫌いでもDHA含むので安心です。

ココア味なので牛乳嫌いな子供でも飲みやすいと口コミでも評価が高く人気なのがアスミールです。

公式サイト↓


us